国際ロータリーへの復帰

 
再認証状
再認証状(承認番号4978)

1945年 (昭和20年) 8月戦争が終結すると、国際ロータリーへの復帰を願う声が各地でわきおこった。昭和23年になるとRI復帰への動きはより具体的になり、さらに努力が積み重ねられた結果、1949年 (昭和24年) 3月、ついに待望のRI復帰が承認された。その第一陣として、まず東京・京都・大阪・名古屋・神戸・福岡・札幌の各クラブがあいついで復活し、同年5月この7クラブでRI第60区を形成することになった。その後、横浜・今治・広島・函館・熊本・新潟など20クラブが同年中に復活承認され、新設クラブとして一宮・小倉の2クラブが誕生した。
そして1950年 (昭和25年) 4月8日京都で復帰第1回の地区年次大会が盛大に開催された。東北においてもこの地区年次大会の2ヶ月ほど前の1月30日に仙台クラブが復活していた。
盛岡木曜会は、この時点ではまだRIへの復帰を果たしていなかったが、戦時中も例会を続けてきた実績があったため、急速に復帰準備がととのい、同年6月29日、盛岡木曜会は再び盛岡ロータリークラブに生まれ変わった。
伝達式
1950年10月19日 市内多賀園で行われた認証状伝達式



戻るトップ次へ