創立50周年記念式典


1989年 (平成元年) 4月22日、多くの先人のすぐれた英知とたゆまぬ努力によって築かれた50年の伝統のうえに、つぎなる50年の新しい伝統を書き加える記念すべき日、盛岡ロータリークラブ創立50周年記念式典を祝福する人々の列が、市内愛宕山に新装なった盛岡グランドホテルにつらなった。
出席者は、中村知事、太田市長、渡辺浩ガバナーはじめ来賓73名、他クラブ招待者としての会長・幹事、さらに自主参加の他クラブ会員161名、当クラブ会員夫妻160名の約400名にのぼり、当クラブのスポンサークラブである東京クラブからは梁瀬次郎元会長、仙台クラブからは藤崎三郎助パストガバナーおよび奥山弘会長が出席した。
千葉会長の開会点鐘、式辞に続き熊谷記念事業委員長から太田市長に目録の贈呈があった。このあと、千葉会長よりスポンサークラブならびに第2次創立会員であるパストガバナー佐藤武夫、池野藤兵衛、川村徳助および創立会員夫人に感謝状をおくり、20年以上100パーセント出席者に記念品を贈呈した。また渡辺ガバナーよりポールハリス・フェローの伝達があり、50人の新ポールハリス・フェローが誕生した。

50周年記念式典



戻るトップ次へ